Dailylife

中学生+小学生の母、気になることを徒然なるままに

たくあん漬物、仕込み中のその後

 

mamadailylife.hatenablog.com

 

ベランダで干すこと10日(忘れてました・・・)

ジップロックで漬けること10日

 

f:id:mamadailylife:20210202193405j:plain

 

見た目は置いといて、そこそこたくあんです。

今回の大根は短い1本だったので、あっという間になくなりました。

もう1本作ろうかな、と思っています。

 

cookpad.com

 

手作り恵方巻、巻きすはアルミホイルで代用

恵方巻を作りました。

我が家は年に1回しか太巻きは作りませんので、巻きすは常備しておらず、アルミホイルで代用しています。

 

f:id:mamadailylife:20210202195513j:plain

 

厚焼き玉子

ほうれん草

まぐろのたたき

カニカマ

太巻きです。

 

f:id:mamadailylife:20210202195614j:plain

アルミホイルでも十分巻けます。写真では十分伝えられてないとは思いますが・・・

 

手湿疹完治を目指して!石鹸生活(ボディソープ&フェイスソープ)

 

mamadailylife.hatenablog.com

 

ボディソープも大容量の詰替用を買っています。

 


 

 


ハンドソープはハンドソープ用のがありますが、ボディソープとの違いがよく分からず、ボディソープ用のをハンドソープとしても使っています。

「これ!」というメーカーがあるわけではなく、
1)泡タイプであること
2)業務用サイズがあること
この2つの条件に合うMIYOSHIのボディソープを使っています。

 

身体を洗うのは手と石鹸
ボディソープを使わずにお湯だけで十分に汚れは落ちるらしいのですが、何となく汗をかくと石鹸で洗いたくなるし、さっぱり感は味わいたい。
でも、肌本来のバリア機能や保湿機能は保ちたい。
そんな想いで行きついたのが、ボディ用スポンジやタオルは使わず、泡タイプのボディソープのみで洗うスタイルになりました。

 

顔はメイク落としシートとお湯のみです。
元々薄化粧なのでこれで十分です。
そして、洗った後はオールインワンで肌を守る、このステップのみで、肌年齢がいくつかは分かりませんが、現時点ではトラブルはありません。


洗顔フォームで洗って、化粧水、乳液、美容液を使って肌を守るより、必要以上に落とさない方が私の肌にはあっているようです。

 

家族はお湯のみで顔を洗っていましたが、第一子にニキビができ始めましたので、洗顔フォームも買いました。

皮脂の分泌量も関係するので、お湯だけでは十分ではない年齢になったのかもしれません。

 


 


石鹸は泡立ててこそ。

泡立てネットで泡立てることは第一子はしませんので、泡タイプは絶対条件

 

ニキビが治ったか・・・については、
本人が曰く、洗顔フォームで洗ったり洗わなかったりだそうで、このような状況では効果はよく分かりません。皮膚科でお薬をもらったりしていますが、本人がニキビについて真剣に考えていないので、様子を見ながら、洗顔フォームについては考えていこうと
思っています。

 

 

 

手湿疹完治を目指して!石鹸生活(台所用せっけん)

 

mamadailylife.hatenablog.com

 

消費がとても早いので詰替用2.3Lのをまとめて買っています。

 


 


石鹸洗剤は固まりやすく、台所洗剤用の容器では支障が出てくるので、ドレッシング容器(100均で購入)に入れ替えて使っています。

 

当初、スポンジは普通のものを使っていましたが、スポンジも専用のものを使っています。


 


泡立ちが全く違うので、台所用洗剤とスポンジはセットで使ってこそという結論になりました。

 

合成界面活性剤入りの台所用洗剤と比べると洗浄力が弱いのは確かです。
油ものなどは洗剤+スポンジ+湯で洗わないとなかなか油のヌメヌメが取れません。
(手荒れに悩んでいない家族には不評ですので、別の洗剤も用意してあります。)

 

不便さはありますが、手湿疹を再び繰り返すのは嫌なので、このスタイルで続けます。

 

 

Z会小学生コース最終号

f:id:mamadailylife:20210202193420j:plain


Z会小学生コースの最終号が届きました。

3月からは中学生コースです。

 

www.zkai.co.jp

 

3月からもう中学生の勉強をスタートさせることになるのですが、Z会のスケジュール通りに先取りで勉強するか、1ヶ月遅らせて、復習で勉強するかどちら第一子に合っているかを考えています。

国語はZ会オリジナルのカリキュラムなので、スケジュール通りでよいとは思いますが、算数、理科、社会、英語は第一子の性格上、習っていないことに自ら進んで取り組まないような気がしています。もう中学生ですから、そこは第一子に任せたいと思います。

 

理科、社会、英語の3月号は「中学スタートダッシュ」です。

Z会は第一子が自ら取り組みたくなるような内容を提供してくれるかも!

それも少し期待しています。

 

 

 

Z会スタートセットが届きました

f:id:mamadailylife:20210127214527j:plain

Z会のスタートセットが届きました。

6年生の時に始めた時もそうでしたが、スタートの案内が親切でない気がします。

Z会専用タブレットも申込みましたが、それについては何も案内がありません。

私自身もこんなに早くは届かないとの記憶ですが、

タブレットの設定案内を入れるならば、いつ頃届くかの案内はほしかったです。2月上旬からログインが可能との案内がありますので、その頃には届くのでしょうか?

*こんな風に嘆いていたら、「Z会専用タブレット」を申し込んでスタートセットをお届けする方々宛に【Z会】専用タブレットのお届けについてのメールが届きました。納品スケジュールに遅れが生じていて届くのは2月半ば予定だそうです。

 

 

第一子は小6からの継続なので、会員番号はそのまま継続して使うみたいです。

これもZ会の会員専用サイトにログインしてようやく確信が持てました。

 

 

mamadailylife.hatenablog.com

 

12月25日までに申込みを済ませましたので、特典冊子『コツがつかめる! 英語 Writing ワーク』がもらえるはずなのですが、今回のスタートセットには同封されていませんでした。

 

会員専用サイトにログインして分かったのですが、この特典冊子はPDFで中学3学年分が公開されていました。冊子では届かないのでしょうか?PDF印刷ならそのように案内してほしかったです。

 

この特典冊子の新中1分を見てみましたが内容は期待外れでした。

第一子は英語に書くことに苦手意識があるので、これからスタートするのでも十分だと思いますが、内容としてはもう少し踏み込んだ内容を期待していたので残念でした。

 

この特典冊子の内容次第では準備していたくもんの問題集は取り組まなくてもいいかなと思っていましたが、やはり取り組みは必要みたいです。 

mamadailylife.hatenablog.com

 

 

『小学重要ポイント問題集』も内容は分かりませんが、問題の数が少ないです。

『English notebook』に関しては・・・たぶん使わないです。

 

と不満ばかり書きましたが、

『実技4教科マスターBOOK』はしっかり使えそうです。私が学生の時代は実技教科は何を勉強すればよく分からなかったので、こういう問題集は嬉しいです。

 

 

 

どうする?子どものお小遣い

お年玉やお盆玉などを親管理で必要な時に渡していたこともあり、子どもから「毎月、お小遣いがほしい」という申し出もなかったので、毎月のお小遣いはないままここまで(第一子小6,第二子小4)きました。

 

第一子が我が家のiPad mini(16G)のデータ容量の問題で、動作の遅さに不満があり、「iPadが欲しい」と言い始めました。我が家はゲームをするためのiPadを買う予定はないので、「お金を貯めて自分で買って下さい」とお願いしたものの、今の状態では子ども自身がお金を貯める手段がないので、家のお手伝い=お小遣いを提案しました。

 

お小遣いを渡すにあたり、働く(家の手伝い)をセットに考えようと漠然と思っていた我が家のお小遣いルールを具体的に作りました。

 

1回50円

・朝ごはん(おにぎり)作り

・お米研ぎ

・洗濯ものたたみ

・お風呂掃除

・トイレ掃除

・玄関掃除

・ベランダ掃除

 

 

毎日決められた手伝いではなく、その日のうちで手伝えることをする

しない日があればそれでよしとしました。

仮に毎日1回手伝いをした場合、50円×30日=1,500円

まもなく中学生になる第一子を基準に金額設定をしましたので、第二子(小学生)のお小遣いとしては多いとは思いましたが、同じことをしているのに差をつけるのを難しく、この通りで進むことにします。

 

第一子はiPad購入という目的があるので、毎日1回手伝いを続けています。

第二子は第一子に対抗してこちらも毎日1回以上手伝いをしています。

子ども達の性格から、第一子は目的のiPad購入ができたら、手伝いを止めるように思います。そういう状況になったら第二子も手伝いをしなくなるように思います。それはそれでよし、色々な考えがありますが、お小遣い(お金)は降って沸いてくるものではないということを理解してほしいと思います。

 

このルールの欠点は、お手伝いの対価としてお小遣いを要求される可能性があること。

「これ手伝って」「いくらで?」という会話がないようにしたいと思いますが、もし、そんな会話があったら、子ども達と一緒に考えます。ルールはいつでも変更可能なので。